国内旅行がおわったときはお土産の記録もしておこう

国内旅行がおわったときはお土産の記録もしておこう

国内旅行でのお土産に悩む

このエントリーをはてなブックマークに追加

国内旅行に行ったら、現地ではその楽しみと非日常体験に浸っていたいと思うのは当然です。しかし、楽しい時間ほどあっという間に過ぎてしまいます。それまでの旅行の楽しさが大きければ大きいほど、もう帰らなければと気付く時のさみしさは大きくなります。そうすると、家で待っている人、仕事先の人などいろいろな日常が再度浮かんでくることになります。

そこで旅行にはつきもののお土産選びをすることで、精神的にも「これで旅行が終わるんだ」と認識させてあげましょう。お土産を選ぶという行為は、非日常から現実へ戻ってくるための大切な儀式ともいえるのではないでしょうか。このお土産ですが、何を買って言ったらいいのか非常に迷います。生ものだけで名産、いいお酒だけど重い、長持ちするけどかさばる・・どのお土産もなかなか完璧というわけにいかず、なかなか決まらないのが普通です。

しかし、お土産の本質は、その品物を渡す時に、「あなたのことを考えていたのよ」ということを相手に伝えることが目的です。その品物は二の次と考えてみるのも一つの方法です。ですから、相手がもらってうれしいかどうかではなく、うれしいかどうかをどのぐらい考えたかに価値があるのです。こう考えればお土産選びも少し気が楽になるのではないでしょうか。