国内旅行がおわったときはお土産の記録もしておこう

国内旅行がおわったときはお土産の記録もしておこう

国内旅行の思い出の残し方

このエントリーをはてなブックマークに追加

国内旅行を検討すると、いかに日本がすばらしい観光先に恵まれているかがよくわかります。その魅力的な観光地に旅行に行ったら、その旅行の記憶、観光地の風景を思い出としてしっかり残しておきたいと思うのは人情です。楽しかった思い出は、後で思い出しても楽しい気分を再現できますし、なにより、自分が生きていく上での大きな支えになることもあります。ですから、旅行の思い出をいかに記憶して長く持続させるかというのは非常に重要なことだと思います。

代表的な思い出保存方法に写真やビデオがあります。写真については以前はフィルムだったため、その時にどんな写真がとれたのか確認できなかった反面、旅行から帰った後現像された写真を見るという最後のお楽しみがあったのですが、最近はスマホに付属しているものも含めデジカメ花盛りですので、どんな写真がとれたかについてはすぐにわかってしまいます。しかし、写真がその後長期に渡って私達の思い出をとどめてくれる助けになることに間違いありません。

しかし良く考えてみると、写真であれビデオであれ、それを見てその前後のことを思い出すのは私達の脳です。この脳の中の記憶を引っ張り出すきっかけに写真やビデオはなるわけであって、思い出が写真などに記憶されるわけではないのです。ですから、写真をとらなくては不安などと思う必要はありません。しっかり自分の目で見て自分で体験した事は頭の中に入っているはずです。これを大切にして旅行を楽しみましょう。