国内旅行がおわったときはお土産の記録もしておこう

国内旅行がおわったときはお土産の記録もしておこう

祖母と一緒に国内旅行

このエントリーをはてなブックマークに追加

私が祖母と国内旅行をしたのは、私が渡西する直前でした。祖母は足も随分悪くなって、歩けなくなっていました。それまでしゃかしゃかと歩いていた人間とは思えないほどに年老いた姿を見て、びっくりした覚えがあります。私は大学入学とともに一人暮らしを始め、就職しても一人暮らしを続けていました。祖母はその頃も一人暮らししていましたが、畑仕事も、趣味の機織りも、地区のボランティアも精力的にこなしてきた人だったので、80になっても元気でいつも驚かされていました。ですから、体力が衰えた姿を見るのは衝撃でした。それもそのはず、もう90を迎えていたのです。

私はなぜかこの祖母のことがとても好きで、ぜひとも一緒に旅行したくて相談しました。祖母は「ババとか??」なんて言っていましたが、喜んでくれていたようです。二人で旅を楽しもうと思っていた矢先、両親が自分たちも行きたいと言い出しました。国内旅行ならJRでお年寄りプランで安くいけるし、行こう行こうと両親のほうが乗り気でした。結局妹も行くことになり、総勢五人のたびになりました。途中で、祖母の友達がいる老人ホームに寄り道しました。戦争をともに過ごした仲間に境して泣き、今生で会うのは最後かもしれないと言っては泣き、涙涙の再会が本当に今生の最後の再会になったそうです。